【最新】愛子さまの今…別人!影武者(替え玉)の真実や偏差値・学力・大学!福士蒼汰と…総まとめ!

”令和”に入り、ご両親が陛下になられて、今後はお子様である愛子さまもますます注目を浴びる存在になります。愛子さまがどのような方なのか、進路はどのように進まれるのか。そして、まことしやかに囁かれる”噂”についても掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

愛子さまのプロフィール

名前:敬宮愛子内親王(としのみや あいこないしんのう)

出身地:東京都千代田区(宮内庁病院)

生年月日:2001年12月1日(17歳)

身長:163~165cm(諸説あり)

お印:ゴヨウツツジ

敬称:殿下

これまでの主なご経歴

2001年12月1日14時43分に皇太子徳仁親王と皇太子妃雅子さまの間にお生まれになりました。愛子さま誕生の”祝儀の記帳”は合計77万にも達したとされている。『新宮さまのご誕生をお祝いする国民の集い』では、麻生太郎さんをはじめとする各政治家や西田ひかるさん・長嶋茂雄さん・数多くの著名人が祝辞を述べ、2万5千人による万歳三唱と日の丸小旗による祝意表明がなされました。

2005年4月からは、東京・渋谷区の児童施設『こどもの城』に週2日のスケジュールで通い、音楽や造形を通して集団生活に慣熟していった。2006年の『学習院幼稚園』に入園以降は、学習院一筋で進学されており、現在は学習院女子高等科にご在学されています。2014年に昭和天皇・香淳皇后の武蔵野陵と伊勢神宮を初参拝。同年12月1日に13歳になられた愛子さまは、天皇皇后両陛下に初めて一人でご挨拶に訪れた。

愛子さまの偏差値・進路について

気になる愛子さまの頭脳・知能に迫っていきたいと思います。愛子さまの学習院初等科時代の成績は、素晴らしくご優秀だったそうです。

「愛子さまは、学業が大変優秀で、通信簿はほぼオール5。常に学年でトップクラスの成績だそうです。特に国語がお好きで、放っておいてもご自分で本を読み、読めない漢字は漢和辞典を引いて勉強されています。ややもすると、午前0時を回っても本を読んでいることがあって、皇太子殿下が苦笑しながら早く寝るよう促すこともあるとおっしゃっていました」

出典:https://gendai.ismedia.jp

学業成績や行動状況を5段階評価で記録する通信簿では、ほぼすべての教科が最大評価の『5』で、評価『4』も1つ2つ程度の通知でした。学力だけで見ても、学年でトップ10に入るほどのご秀才だったという。ちなみに、学習院初等科でトップクラスクラスの成績を収めているということは、=全国小学生レベルでトップクラスを意味します。専門家の見解では、愛子さまの偏差値は”72”以上ではないかと言われており、一部報道では”東大進学”との情報も出ていた。

皇室ウォッチャーX(以下、X) 愛子さまの学業の成績が優秀というのは、よく聞く話ですね。特に「文系科目」がお得意のようです。昔からよく本を読まれていたようで、作文の腕もピカイチ。

出典:https://www.excite.co.jp

中等科に進学されても、変わらずご優秀な成績を収められています。中でも文系科目を得意とされており、中等科1年生の時にお書きになられた作文『看護師の愛子』というお話は、作品として目を見張るものがあり、13歳が考えた文章とは思えないほどの秀逸な内容に仕上がっていた。初等科時代から国語は得意科目ではあったものの、中等科になられてもその才能は不変でした。また、雅子さまのご熱心な教育の影響もあられて、英語の上達も著しかったとのことです。

「皇太子殿下が会見で、『英会話は愛子のほうがうまい』とおっしゃっていたほど英語が得意。どの大学に進まれたとしても、入学後は、両殿下が通われたオックスフォード大に留学すると決めていらっしゃるそうです。

出典:http://news.livedoor.com

高等科にご進学され、さらに英語に磨きをかけました。高等科2年生の2018年に7月22日~8月9日までの短期留学をご経験されました。また、海外研修プログラムでは、イギリスの首都・ロンドン郊外のイートン校で英語教育を受けられ、ポーツマスやオックスフォードでは英国の文化を体験されるなど、英語教育に熱心に取り組まれました。

この春は愛子さまのはつらつとしたお姿を多くお見受けしている。しかし、女子高等科2年に進級された愛子さまにとって、大きな転機があったようだと、学習院関係者が語る。

出典:https://ent.smt.docomo.ne.jp

学習院高等科では、2年生時に進路の振り分けがあり、学習院大学以外へ進路希望する場合は、元ある5クラスから2クラスを選択するのですが、愛子さまは希望されませんでした。東大やICU(国際基督教大学)を目指すとみられていたマスコミの予想とは裏腹にエスカレーター式に学習院大学に進学することが濃厚になりました。

福士蒼汰とデート…?

青年が飼い猫“ナナ”の新しい飼い主を探す旅を描いた感動作「旅猫リポート」のチャリティー試写会が15日、東京・千代田区で行われ、皇太子ご夫妻と愛子さまが鑑賞された。

出典:https://www.fnn.jp

2018年10月15日に東京・千代田区で『旅猫リポート』のチャリティー試写会が行われました。同試写会では、天皇陛下ご夫妻と愛子さまがご鑑賞のため、参加されました。主演を務めた俳優・福士蒼汰さんも参加し、愛子さまのお隣に座って鑑賞した。ネット上では、デートのような雰囲気に写った画像が出回っており、一時期のネット検索件数が上がった。

ご鑑賞を終えられた天皇陛下ご夫妻と愛子さまは、福士蒼汰さんと映画に出演していた猫の『ナナ』と触れ合う時間が設けられ、終始にこやかなムードで試写会を終えられました。

愛子さま体型の移り変わり

巷では、愛子さまの体型の移り変わりが激しいと話題になっています。上記の画像は、愛子さまが学習院初等科をご卒業された2014年3月に撮影された1枚です。愛子さまの見た目のイメージで言うと、幼少期からの少し”ふっくら”した姿を思い浮かべる方も多いでしょう。初等科ご卒業時の容姿も程よく肉付きがあり、健康体の印象を受けます

しかし、約3年後の2017年1月のお写真では、すっかり痩せ細られた愛子さまのお姿が収められた。変わり果てた体型や不健康そうな痩せ方に心配の声が相次ぎ、専門家は”拒食症”との見解を示した。

「『愛子さまは大丈夫か』ご一家の写真が記者に配られたとき、みんな顔を見合わせました。昨年末よりさらに、頬のあたりが細くなり、手にも骨が浮き出ていました。

その後の『記者レク』では、記者から愛子さまの体調について質問が出ましたが、東宮職の答えは『まだ回復途上ですが、学校にも普通に行けていますから大丈夫』とそっけない。しかし、率直に言って『異常事態』と感じざるを得ないお姿でした」(宮内庁担当記者)

出典:https://gendai.ismedia.jp

原因は、思春期特有の過度なダイエットと宮内庁関係者が証言しています。始まりは、愛子さまが公務のお疲れによって、体重が自然に落ちていた際に周囲の友人から、「細くなった?」「可愛くなったね」と称賛されたことだった。その言葉に気を良くされた愛子さまは、それ以降、炭水化物を摂生するなどのダイエットに励んだとされています。

「愛子さまは、雅子さまの完璧主義に似たところをお持ちです。そうしたご性格も、関係したのかもしれませんね」(宮内庁関係者)

出典:https://dot.asahi.com

愛子さまの性格は、母親・雅子さま譲りの”ストイック”なことでも有名。そのため、一度始めたことにのめり込むこともしばしばあり、今回のダイエットでもその傾向が出てしまった。

愛子さまの現在のお姿

2017年1月に見た愛子さまのお姿はまるで”別人”と言われ、多くの国民に衝撃を与えた。しかし、2019年4月のお姿もまた”別人”のようだと話題になっています。拒食症でガリガリだった容姿からは想像できないような、”ふっくら”具合にこれまた国民からは驚きの声が上がっている。

「思春期やせ症」を思わせるお姿が心配されたが、今では年齢相応にいくぶんふっくらとされてとても快活なご様子だった。ご友人とおしゃべりで盛り上がりながら輪投げや射的などを楽しまれていた。

出典:https://bunshun.jp

影武者(替え玉)の真相!

同じ人物でここまで、容姿が変わるものかという疑問が相次ぎ、挙句の果てには”影武者”が存在するのではという噂にまで発展しています。しかし、これについては確定的な証拠はなく、ホクロの位置・歯並び・生え際など、あらゆるパーツに別けて徹底調査しましたが同一人物ということが判明しました。そのため、この情報については、”ガセ”という見解が濃厚です。

ホクロは書き足すことができるため比較参考にはしにくいですが、歯並びはそう簡単にマネできるパーツではありません。また、愛子さまの歯並びは決して良いとは言えず、両サイドに八重歯があるのが特徴的です。歯並びの良い人物を見分けることは困難ですが、特徴を持った歯列の見分けは容易です。次に注目したのが生え際です。愛子さまの生え際には、しっかりとした産毛が生えており、額の高さや幅も広くありません。”影武者”や”替え玉”を謳うサイトを見ていただければわかる通り、様々な比較要素を取り上げて、偽物扱いをしていますが、全て無理のある証拠ばかりである。

 

人間ですので、経年によって、多少の体重の増減で見た目も大きく変化して見えることがあります。何より愛子さまは、拒食症によって体重の大幅な増減があったため、別人に見えてしまうのも当然の話。また、多くのサイトがおこなっている手法は、”そのように見える画像”を使用しているだけというシンプルなトリックであること。例えば、光の加減や角度によってホクロが見えなく写っている、角度によって歯並びが違うように見えるといったあまりにもずさんな比較。そして何より、影武者(替え玉)の記事を扱う週刊誌&スポーツ紙がほぼないという事実。これだけの超特大スクープがあれば、どの会社もこぞって取り上げるはずです。特に日々ゴシップを狙っている週刊誌は、格好の”ネタ”なはずです。しかし、そのような記事が見当たらない時点で察するべきなのでしょう。