堀ちえみの結婚歴!旦那・夫や子供(息子&孫)は何人?現在の病気(食道がん・リウマチ)の状況総まとめ!

愛嬌のあるスマイルと元気で人気を博し、1980年代の”アイドル戦国時代”を生き抜いた堀ちえみさん。しかし、ここまで多くの困難と紆余曲折がありました。そんな彼女の人生について掘り下げていきたいと思います。

堀ちえみのプロフィール

本名:堀 智栄美

生年月日:1967年2月15日(52歳)

出身地:大阪府堺市東区

学歴:堀越高等学校卒業

職業:歌手・女優

事務所:ホリプロ→松竹芸能

これまでの主な経歴

1981年の『第6回ホリプロタレントスカウトキャラバン』での優勝をきっかけとして芸能界入りし、翌年3月に『潮風の少女/メルシ・ボク』で、アイドル歌手としてデビューを果たす。デビュー当時のキャッチフレーズは”GOOD FRIEND”だった。

 

1983年には、TBS系で放送されたドラマ『スチュワーデス物語』ドラマ初主演を果たし、その他のドラマ『スタア誕生』や『花嫁衣裳は誰が着る』でも主演として出演するなど、飛ぶ鳥を落とす勢いを見せていた。しかし、1987年3月の20歳の誕生日を迎えた直後に歌手活動を含め、芸能界を引退する事を表明した。だが、1989年に所属事務所を『松竹芸能』に変更して芸能活動を再開することになる。

 

2001年、14年ぶりのシングル『ピンクのアオザイの裾を夜風にあそばせ -サウスウインド-』をリリース。2007年11月にデビュー25周年記念ライブ『君といる世界』を開催し、2009年は、23年ぶりの映画出演となる『色即ぜねれいしょん』が公開された。2017年3月20日、デビュー35周年記念ライブ『Chiemi Hori 35th Anniversary Live 〜ちえみちゃん祭り2017〜』を品川ステラボールで開催した。

1989年に1回目の結婚

堀ちえみさんが最初に結婚したのは、芸能活動を再開した翌年の1989年でした。母親が経営していた喫茶店にお客として来ていた外科医の男性と結婚しました。堀ちえみさんは、当時の22歳で相手の男性とは1周り近い年の差があった。外科医の男性との間に3人の子供をもうけていますが、1999年に離婚しています。

 

離婚原因は、外科医の男性のDVだった。1995年頃から別居がはじまり、1999年に離婚届けを提出したが、その後の離婚裁判が長期化した。裁判内容では、堀ちえみさんの主張がほぼ認められた。しかしこれに対して、外科医の男性が控訴した為、高裁までもつれたが、最終判決で和解が成立した。

2000年に2回目の結婚

1999年に離婚した堀ちえみさんですが、間もなくして2000年にアウトドア雑誌の出版社勤務の一般男性との再婚を発表。前述の外科医師の元夫との離婚の際に相談に乗ってもらったのがきっかけで急接近し、交際に発展したと言われています。

 

こちらの男性との間には、2人の子供をもうけていますが、2010年に離婚しています。離婚原因は、仕事によるすれ違いや価値観の違いが生じたことだとという。堀ちえみさんは、離婚発表時に「山と自然が好きで、大きなロマンを持っている彼をサポートしてあげられなかった」とコメントしている。

2011年に現旦那との結婚

2010年に離婚した堀ちえみさんですが、ほどなくして2011年に3度目のを発表。お相手は自身のファンである一般男性だった。堀ちえみさんが用事のため羽田空港に訪れた際、同じく用事のため羽田空港を利用していたファン男性とバッタリと再会。その際の会話で、ファン男性もバツ2で子供が2人いると知り、自分と同じ境遇と感じた堀ちえみさん。

 

そして更なる偶然が起こりました。ラジオの生放送を終えた堀ちえみさんが、夜の銀座を歩いていると、向こうから偶然ファン男性が歩いてきて、3度の再会を果たす。その後、マネージャーを交えて3人で食事をした際に、ようやく連絡先を交換。そこから徐々に意気投合し、交際に至った。男性との間には、2人の子供をもうけ、

旦那を徹底調査

現在の旦那さんを追及していくと、堀ちえみさんの1つ年上の一般人ということで、大手パチンコメーカーのSANKYOに勤務しているそうです。また、堀ちえみさんはブログで旦那さんの姓が『尼子(あまご)』であることを明かしています。SANKYOが発表した人事情報によると『尼子勝紀』という方が平成28年4月1日に新たに執行役員となっています。

SANKYOの29年度資料によると、同社の社員平均年収は703万円で、取締役の役員平均報酬は、5930万円となっており、年収換算は1億円~1億5000万円となっている。また、堀ちえみさん・尼子勝紀さん夫婦の自宅もの地域も東京都・文京区の高級住宅街にあり、車も高級車2台を所有しているという情報がありました。そのため、かなり裕福な生活であることがわかります。

3度の結婚で7人の子供

堀ちえみさんさんは、言わずと知れた”子だくさんママ”としても有名です。前夫との間に3人・2人と子供がおり、現在の夫との間にも2人の子供がいます。現在の旦那さんが富裕層ということもあり、子供が何人いても問題はなさそう。ちなみに、堀ちえみさんの子育てにはルールや考え方がるそうです。これがその7か条だという。

・子育ては思うようにいかないと思っていると、楽!
・「え~!」は禁止
・全員が揃うまで箸をつけない
・お風呂は順番が決まっている
・挨拶は絶対にする
・兄妹のルールがしっかりとある

子供の名前や年齢を紹介

  • 【昴平(こうへい)】1990年生まれ(29歳)外科医・元夫との子供
  • 【健汰(けんた)】1992年生まれ(27歳)外科医・元夫との子供
  • 【叡弘(あきひろ)】1993年生まれ(26歳)外科医・元夫との子供
  • 【楓季(ふうき)】2000年生まれ(19歳)出版社勤務・元夫との子供
  • 【彩月(さつき)】2002年生まれ(16歳)出版社勤務・元夫との子供
  • 【真由(まゆ)】1997年生まれ(22歳)現夫・尼子勝紀さんの連れ子
  • 【尋紀(ひろき)】1999年生まれ(19歳)現夫・尼子勝紀さんの連れ子

外科医男性と出版社勤務男性との子供5人全員の親権は堀ちえみさんにあるため、現在も頻繁に会う機会があるという。また、尼子勝紀さんの連れ子達とも良い関係を築いているのか、堀ちえみさんのブログ上では、子供たちの交流も多く見られます。

子供たちは頭脳明晰との噂

子供が7人もいる堀ちえみさんですが、1回目に結婚した外科医男性との子供はなかなか優秀だという。外科医男性が大阪大学出身の外科医ということもあって、そのDNAを引き継げば、優秀な子供になりそうだが、一体どこに進学したのでしょうか。

【昴平(こうへい)】

大阪府・清風高等学校(偏差値62以上)を卒業後、近畿大学文芸学部に進学したが、中退して働いているという情報。

【健汰(けんた)】

奈良県・西大和学園高等学校(偏差値72以上)を卒業後、京都大学理学部生物学科に進学しています。

【叡弘(あきひろ)】

大阪府・大阪学芸中等教育学校(偏差値47以上)から、立命館大学法学部に進学しています。

堀ちえみの病気まとめ

重症急性膵炎を発症

1人目の子供が生まれた直後の2001年、彼女は国が指定する難病の1つ「重症急性膵炎」で緊急入院したのだ。

出典:https://www.news-postseven.com

2001年8月頃に特発性重症急性膵炎を発症している。特発性重症急性膵炎は、致命率が高く、難病にも指定されています。症状としては、腹痛や背中の痛みが出たり、ひどい場合にはショック状態から死に至ることもある病気だという。

 

堀ちえみさんも腹痛や背中の痛みを感じ、消化不良などの症状も出ていたが、胃の調子が悪いのだと思い、市販の薬で対応していた。家族でグアム旅行をした際に、不自然に膨らんだお腹に気がついた。調子も悪かったが、3泊4日の家族旅行を満喫して帰国。しかし、飛行機から降り立ったときに”パンッ”というお腹の中で破裂音が聞こえた。

 

電車で最寄り駅まで向かう道中で、激痛と共に、どんどんお腹が膨れてきており、違和感を感じながらも、”子供を連れて帰らなければならない”と電車の中でうずくまりながら、なんとか家まで帰った。それでも、子供がいるので病院に行かなかった。しかし、その日の夜中に”死の危険”を感じ、ようやく病院へ向かった。胃カメラを入れてみたらすい炎であることが発覚。

 

すい臓から漏れ出したすい液が血中に流れ込み、肺、脾臓、膀胱など内臓にダメージを与えていた。特に肺に深刻なダメージを受けた堀は呼吸困難におちいり、3日間は昏睡状態だったという。その後に手術を受けたため、一命をとりとめたがあと少し手術が遅れていたら命を落とす危険性があったらしい。

特発性大腿骨頭壊死症を発症

タレントの堀ちえみ(51)が4日放送のTBS「爆報!THEフライデー」(金曜後7・00)に出演。国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」を患っていることをテレビ初告白した。

出典:https://www.sponichi.co.jp

2014年12月に”左右の足の長さが違う”と共演者に指摘され、1ヶ所目の病院で診察を受けたが、異常は見つからなかった。しかし、その後も腰に激痛が走るようになったり、入浴したにも関わらず、右足が温まらない症状などが出たため、初診から半年後に病院を変えて右足全体を検査した。そして、特発性大腿骨頭壊死症と診断された。


股関節を構成する大腿骨頭が、血流の低下によって壊死する原因不明の難病。堀ちえみさんは、2015年4月頃にセラミック製の人口股関節を入れる手術(人工股関節置換術)を受け、リハビリの末に通常歩行ができるまで回復した。治療が遅れていたら車イス生活を余儀なくされかねない危険な状況だったという。

リウマチと神経障害性疼痛を発症

タレントの堀ちえみがリウマチと神経障害性疼痛を患い、治療中であることをブログで明かした。

出典:https://www.excite.co.jp

2017年3月28日に自身の公式ブログでリウマチと神経障害性疼痛の治療中であることを発表した。2016年3月頃から体調を崩し、倦怠感や眠気が残る状態が続いていた。同時に体の痛みや右手の腫れなどの症状も出ており、4月に人間ドックを受けた。血液検査の結果、リウマチの指数が高いと診断された。

【リウマチ】

3月28日のブログでリウマチの治療薬を週に1日(朝と就寝前)服用していたが、副作用の影響が出るため、しばらく横にならないといけないほど気持ちが悪くなると綴っていた。4月10日のブログでは、症状が出て辛い時間が多かったが、治療薬を飲んだことで体が”楽”になったと記してした。12月11日には、「苦しいリウマチのお薬の日だ」と副作用の影響が強いのか、拒否感のあるブログ内容が印象的だった。その後は、投薬治療で回復している。

【神経障害性疼痛】

3月28日のブログで体がピリピリと痛む独特の症状が出ていて辛かったが、良い薬が処方され、体が楽になったと綴っていた。また、4月17日のブログでも毎晩の薬のお陰で体の痛みが無くなり、復活したと綴っていた。しかし、5月10日のブログには、「身体の痛みは辛い」「骨の中から痛む」「神経障害性疼痛の痛みもあったのかも」と記しており、状態は一向に良くならない様子だった。一旦は症状が落ち着いた様子だったが、『久々の痛みだわ。』というタイトルで6月15日に更新。目の中・腕・口の中・肩甲骨周り・指など、体の神経を痛みが襲い、全身に電気が走っているような痛みと例えていた。その後は、投薬治療で回復している。

口腔がん(舌がん)を発症

タレントの堀ちえみ(52)が19日、ブログを更新し、口腔がん(舌がん)を患っていることを公表した。

出典:https://www.daily.co.jp

2019年2月19日に自身の公式ブログで口腔がん(左舌扁平上皮がん)がステージ4であることを公表した。最初の異変は、2018年7月頃だったという。舌の裏にできた口内炎の治りが悪かったため、病院で診察を受けて塗り薬や貼り薬、ビタミン剤などを処方して貰った。しかし、11月になっても、症状は良くなることはなく、むしろどころか悪化していった。

 

さらに痛みが増して辛くなった堀ちえみさんは、かかりつけの病院で複数回レーザー治療を受けたがそれでも完治には至らなかった。それどころか、新たに舌の左側に硬いしこりが見つかったという。その後、主治医に相談すると、「飲んでいる薬の副作用の1つに口内炎の症状が出る事もよくあるので薬を暫くストップして様子を見ましょう」と言われ、静観していた。

 

だが、一向に良くなることはなく、しこりも増え続けていった。そして、ついには激痛で食事も喉を通らなり、夜も痛みで起きてしまう始末。”舌癌”かもと不安になった堀ちえみさんは、自身の症状をスマートフォンで検索したが、決定打に欠けた。2019年1月21日に病院の診断を受け、主治医から「悪性の舌癌の可能性が高い」と告げられた。その後、2月4日の検査入院での生体検査の結果、口腔がん(ステージ4)と宣告された。その際、リンパを通じて、左の首にも癌(がん)が転移していると診断された。

 

2月22日に頸部リンパ節除去の手術と舌の6割を切除する手術。そして、太腿の組織を用いた舌の再建手術も行われた。計12時間にも及ぶ大手術は無事成功したが、ブログでは入院生活の精神的苦悩も吐露していた。「食べる事を暫くやらなかったので、嚥下も難しくなってしまいました。ほんの何日間だけだったのに、毎日やっている事をやらないと、後退していきます。何とももどかしいです」と記していたが、無事に退院し、回復に向かっているという。

食道がんを発症

ステージ4の口腔がん(左舌扁平上皮がん)の手術をし、現在リハビリ中のタレント・堀ちえみ(52)が15日、自身のブログを更新。食道がんであることを公表した。

出典:https://www.oricon.co.jp

2019年4月15日に自身の公式ブログで食道がん(ステージ1)であることを公表した。4月2日に胃カメラ検査を受けた際に腫瘍を発見し、4月4日の精密検査で食道がんと診断された。主治医からは、転移や再発によるものではないと説明されたという。早期発見だったため、症状自体は軽度だったと記していた。4月16日に食道がんの除去手術を行った。午後から始まった内視鏡手術では、癌がある部分の粘膜下層より上を剥離したという。所要時間は約1時間で終了し、経過も良好と綴っていた。

現在の堀ちえみの姿

舌癌の影響もあって、食事がうまく取れない堀ちえみさんは、かなり痩せ細ってしまった。夫・尼子勝紀さんが退院祝いに旅行を計画し、体に負担が掛からないようにと配慮して予約したヘリコプターで旅行先へ向かう一幕。多くの病を経験し、同じ境遇にある人々を勇気づけるために前向きに生きている堀ちえみさん。この先も、堀ちえみさんの笑顔を見たいファンが多く存在しており、また”芸能界の舞台”で輝く姿を心待ちにしている方も多いと思います。堀ちえみさんの1日も早い、完治をお祈り申し上げます