【しょこたん】中川翔子の父親・母親や本名や学歴!彼氏&結婚観を徹底調査!

男性だけではなく、女性からも人気の高い中川翔子さん。オタクとしても有名な彼女は、多くの才能を持ち合わせ、マルチに活躍しています。今回は、そんな中川翔子さんの家族や本名について掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

中川翔子のプロフィール

生年月日:1985年5月5日(33歳)

出身地:東京都中野区

身長・体重:157cm・43㎏

血液型:A型

所属事務所:ワタナベエンターテインメント

これまでの主な経歴

2001年、当時16歳でポポロガールオーディションでグランプリを受賞。母親とジャッキー・チェンが経営する香港のレストランを訪ねた。すると、ジャッキー・チェン本人に遭遇し、中川翔子さんが感激して泣いていると、「大丈夫?」とジャッキー・チェンに声を掛けられたという。この事がきっかけでジャッキー・チェン事務所日本支部に所属。

 

しかし、同事務所は2002年に閉鎖された。これにより、同年11月に『ワタナベエンターテインメント』に移籍。2004年11月、ファルファ星人ヤーコ役でテレビ朝日系のドラマ『特捜戦隊デカレンジャー』第38話に出演。2006年7月に1stシングル『Brilliant Dream』でCDデビュー果たし、2007年6月には、3rdシングル『空色デイズ』をリリース。オリコン週間では、シングルチャートにて初登場3位を記録し、累計約7万枚を突破した。

 

2009年10月24日に、初の日本武道館ワンマンライブ『中川翔子 超貪欲☆まつり IN 日本武道館』を開催し、チケットは即完売という盛況ぶりを見せた。2011年3月12日公開のディズニー映画『塔の上のラプンツェル』にでは、主人公ラプンツェルの日本語吹き替えを担当。初めて長編アニメーションで主人公を演じた。2015年5月5日に30歳となり、ゲストに小林幸子さんやでんぱ組.incを迎え、バースデーライブ『超☆貪欲生誕祭 30だお! 全員集合!!』を開催。

中川翔子の学歴

中川翔子さんの出身高校は、『大原学園高校』という通信制の高校です。同校の入学試験は、書類審査と面接偏差値等のみだそうです。また、学力基準値は設けておらず、基本的にはどんな子でも受け入れる体制のようです。

 

近年では、芸能界を目指している、または現在進行形で芸能活動をしている子が、両立できるようにと通信制に入学させる親御さんも多いようです。中川翔子さんも、早くから芸能界入りしており、雑音を気にせずに芸能活動ができるように同校を選択したとも言われています。

中川翔子の本名を調査

11日放送の「ごごナマ」(NHK総合)で、タレントの中川翔子が、自分の本名を明かして共演者らを驚かせていた。

出典:http://news.livedoor.com

 

中川翔子さんの本名は『中川しようこ』といいます。「ょ」ではなく、「よ」と書いて『しようこ』です。もともと、中川翔子さんの名前は薔薇の「薔」の字をとって『薔子(しょうこ)』にしようと考えていました。

 

しかし、母親が役所に提出しに行くと、「薔」の字は常用漢字及び人名用漢字でなかったため、受理されず口論になったという。仕方なく名前をひらがなにして「中川しょうこ」と書き殴ります。その時に母親が感情的に書いたため「ょ」の字が大きくなってしまい、そのまま『しようこ』で登録されてしまった。

父親がイケメンすぎると話題

本名:中川勝彦(なかがわ かつひこ)
生年月日:1962年7月20日(享年32歳)
出身地:東京都文京区
職業:歌手、俳優
活動期間 1980年-1994年

 

あまり知られてはいないが、中川翔子さんの父親は、本名でもある”中川勝彦”という芸名で芸能活動をしていました。1980年の高校3年の時に、NHK主催の『ヤングミュージックフェスティバル』に出場したことがきっかけでデビューとなった。1981年公開の映画『ねらわれた学園』や1982年公開の映画『転校生』などに出演し、人気を博した。

 

1980年代前半の日本の歌謡界では珍しいヴィジュアル系アーティスト、日本版グラムロックアーティストとして、一躍時の人となる。美しいルックスとは裏腹に、気さくで腰が低く茶目っ気のある人柄で関係者に親しまれました。歌手や俳優活動以外にもラジオのパーソナリティーとしても活躍されました。

 

プライベートでは、交際していた女性が妊娠したことをきっかけに結婚しましたが、その事実は隠されていました。ちなみに、その時に授かった子が長女・中川翔子さんである。当時の芸能界事情で”デキちゃった婚”を事務所も中川勝彦さん自身も公にすることはなく、信頼できる近しい関係者とわずかな友人達にしか結婚も子供が生まれたことも知らせなかった。

 

そのため、タレントとして活動を始めた中川翔子さんが「父は中川勝彦」と明かすまで、中川勝彦さんと中川翔子さんが親子である事実が芸能界に知られることはありませんでした。そんな父親は、1992年9月に急性骨髄性白血病を発症し、9か月の闘病生活を経て芸能界復帰を果たしたが、1994年8月に白血病が再発し、32歳という若さで亡くなった。

母親はキャラが強い

本名:中川 桂子(なかがわ けいこ)
生年月日:1966年
出身地:東京都

 

当時18歳の時に、3歳上の21歳だった中川勝彦さんと出会い、19歳のときに娘である中川翔子さんを出産しました。当時28歳だった1994年9月17日に、中川勝彦さんを白血病により亡くしています。その後、中川桂子さんは、ショーパブを経営しながら生計を立て、女手一つで娘を育てました。

そんな中川圭子さんは、かなりの”変わり者”らしく、中川翔子さんのTwitterやゲスト出演の際に積極的に胸を見せたり、セクシーなポーズを取っています。自慢のGカップをこれ見よがしに披露する姿が話題になっています。

中川翔子さん彼氏の噂&報道

渋江譲二との交際の噂

トップアイドルの仲間入りしながらもこれまでスキャンダルとは無縁だった中川翔子だが、2月27日発売の写真週刊誌「フライデー」に若手俳優らと深夜まで居酒屋で過ごしたことがスクープされた。

出典:https://news.merumo.ne.jp

 

2009年2月27日発売の週刊誌『FRIDAY』が中川翔子さんと若手俳優らの”飲み会”を報じた。若手俳優のメンバーには渋江譲二さんも参加しており、同誌ではスキャンダル扱いとなっていた。しかし、この件に関しては続報も無く、単なる”食事会”だったという見方が濃厚のようです。

 

【渋江譲二のプロフィール】

生年月日:1983年3月15日(36歳)
出身地:長野県諏訪市
身長・体重:183cm・60kg
血液型:O型
職業:俳優
事務所:ジャパン・ミュージックエンターテインメント
代表作:仮面ライダー響鬼

小澤亮太との交際報道

タレントの中川翔子(28)が、俳優の小澤亮太(26)と交際していることが25日、分かった。中川はデビュー12年で初のロマンス発覚。

出典:https://www.sponichi.co.jp

 

中川翔子さんの彼氏として有名なのが、俳優・小澤亮太さんです。2014年4月に熱愛が報じられました。2012年頃に互いの”猫好き”が高じて、芸能人による猫好きの集まりで知り合ったという。中川翔子さんは、殺処分前の子猫を保護する活動をしており、その活動を小澤亮太さんが手伝った事きっかけで、意気投合し、のちに交際に発展した。

 

【小澤亮太のプロフィール】

生年月日:1988年1月25日(31歳)
出身地:千葉県館山市
身長・体重:177cm・65㎏
血液型:A型
職業:俳優
事務所:ホリエージェンシー
代表作:海賊戦隊ゴーカイジャー

”隠し子”発覚で破局…結婚叶わず

タレント中川翔子(28)と俳優小沢亮太(26)が破局していたことが1日、分かった。先月28日に、小沢が芸能界入りする前に一般女性との間に生まれた子供がいることが一部報道で発覚。

出典:https://www.nikkansports.com

 

2人の交際は順調だったが、2014年4月28日発売の週刊誌『女性自身』で小澤亮太さんに「隠し子がいる」と報道されました。小澤亮太さんは、この報道をブログ上で認めました。中川翔子さんは、週刊誌報道で隠し子の存在を知り、自身のブログで「レベル29直前にまさかの!?自分でもビックリしてます」と綴っていた。

 

また、今後も隠し子の事実を受け止めて交際継続を考えていたそうですが、中川翔子さんの母親に猛反対され、話し合いを行い「いまは互いに大事な時期だから仕事に全力投球しよう」と破局に至った。2人の交際報道が出た際は、ファンも植福ムードで中川翔子さん自身も結婚も視野に入れ、交際していたという。

中川翔子の結婚条件とは

中川翔子さんも三十路を超え、さらに結婚願望も強くなっているようです。中でも、結婚相手には上記のような細やかな条件あるそうで、これを大まかにでもクリアしている男性しか結婚相手とは認めないという。

 

しかし、結婚適齢期から言っても、ギリギリのラインのため、このような条件があるとさらに婚期を伸ばしてしまいそうな予感もする。しかし実際は、好きになってしまえば相手など特に気にしないでしょう。果たして、中川翔子さんの朗報を耳にする日が来るのでしょうか。今から楽しみです。