離婚間近!?イチローと嫁・福島弓子の間に子供ができない原因が衝撃的!

世界で活躍し続けるイチローさん。そして、その妻・福島弓子さん。2人は結婚して長年経過してますが、未だ子供がいません。今回は、知られざる真実について掘り下げていきます。

イチローのプロフィール

本名:鈴木一朗

出身地:愛知県西春日井郡豊山町

生年月日:1973年10月22日(44歳)

身長、体重:180cm、79kg

血液型:B型

現職:シアトル・マリナーズ会長付特別補佐

福島弓子のプロフィール

本名:鈴木弓子(旧姓:福島)

出身地:島根県松江市

生年月日:1965年12月10日(52歳)

身長、体重:163cm、50㎏

前職:TBSアナウンサー

現職:IYI Corporation.取締役CFO

福島弓子の元カレは『栗山英樹』

福島弓子さんは、イチローさんと結婚する前にお付き合いしていた男性がいました。それは元スポーツキャスターで現在、日本ハムファイターズの監督を務める栗山英樹さん。栗山英樹さんとは、ニュース番組での共演がきっかけで知り合い交際に発展。結婚寸前までいくも破局。原因は、栗山さんがテニスプレーヤーの『クルム伊達公子』へ心変わりだというから驚き…。

栗山は一方的に婚約を破棄。この一方的な婚約破棄の影には、世界的テニスプレイヤーだった伊達公子の存在があった。福島に対して栗山は「99%は福島さんのことを考えているが、残り1%は伊達さんを考えている」と言い放ったという。

出典:https://www.excite.co.jp

イチロー&福島弓子の出会い・結婚

栗山英樹さんとの婚約が解消になり、失意のどん底に落とされた。福島弓子さんですが、この失恋が転機となり、イチローさんとの出会いを生んだのです。

【出会い&交際】

1995年オフにイチローさんがメインパーソナリティーを務めたTBSラジオ『イチローの気持ちはいつもフルスイング』に福島弓子さんがアシスタントとして共演したことがきっかけで意気投合。この共演以降、イチローさんはTBSがインタビューや取材を行う際は、必ず福島弓子さんを指名するようになったという。交際は1997年頃にスタートさせており、グラウンドでは選手と報道関係者の間柄として一線を引きながら、プライベートでは順調に愛を育んでいった。

【結婚】

1999年に1月にイチローさんが福島弓子さんに「結婚しよっか」とプロポーズし入籍。同年3月、福島弓子さんは当時務めていたTBSを寿退社し、実家の島根に帰って“花嫁修業”に入った。会見では互いに”のろけ”合っていました。

「相性がいいというのが一番。話すリズムとか価値観とか同じ空間にいるのが心地いい。あと、親を大事にしてくれると思いました」とイチロー。

「自然な2人の空間が心地いいですね。信頼感がある人だなと思いました」と弓子夫人。

出典:https://www.sponichi.co.jp/

弓子夫人は社長としてもイチローを支える

イチローさんとには、大事な”家族”がいます。それは、愛犬の『一弓(いっきゅう)』。2005年にイチローさん、福島弓子さん、そして愛犬の一弓のイニシャルの頭文字を取った資産管理会社『IYIコーポレーション』を設立。当時は、シアトルで美容サロン『エン サロン(en salon)』を経営に携わるなどしていたが、現在は別の日本人美容師に譲り、手放したという。

福島弓子さんは、さらに不動産投資にも手を広げ、シアトルだけでなくロサンゼルスやワシントンなど、全米で多数の不動産を所有。現在、”年商100億円超”とも報じられる凄腕の実業家に転身し、公私ともにイチローさんを支えている。

子供ができない原因とは?

イチローさんと福島弓子さんが結婚して約20年ですが、未だ2人の間に子供がいません。類まれな身体能力を後世に残してほしいと”イチロー2世”を望む声も少なくありません。それには、訳があるのでしょうか。その原因について調査していきます。

【原因①別居状態にあった】

イチローさんは、言わずと知れたメジャーリーガーでした。日本のプロ野球とは違い、メジャーは移動距離も相当掛かります。また、試合数も多いメジャーでは遠征等も重なり、ホテルの滞在も必然的に増えてしまいます。

これに輪をかけるように福島弓子さんも実業家として多忙を極めているため、互いのスケジュールが合わないこともしばしば。こうなると、事実上の別居になり、子作りどころではなかったという。

【原因②不妊症】

福島弓子さんの身体に不妊症の兆候があるのではないかという情報も有力です。これは、個人の身体のメカニズムとタイミング、そして相性があるので、一概に福島弓子さんがという事ではないのですが、可能性とネット上の情報を踏まえた説となります。