堀田茜の胸は貧乳…気になるカップは?すっぴんや彼氏、性格を総まとめ!

出典:https://twitter.com/

モデルとして若い女性から圧倒的な支持があり、近年ではバラエティー番組やドラマに出演するなど、その才能を多岐にわたって発揮している堀田茜さん。そんな彼女についてのお問い合わせが多かったので、様々なことを調べてみましたのでご紹介していきたいと思います。

堀田茜のプロフィール

愛称:茜ちん 茜さん ほった

生年月日:1992年10月26日(25歳)

出身地:東京都

血液型:B型

星座:さそり座

職業:モデル、女優、タレント

身長、体重:160cm、43kg

スリーサイズ:78-57-81cm

事務所:オスカープロモーション

これまでの主な経歴

出典:https://ameblo.jp/oscar-contest/image

堀田茜さんは17歳の頃に第12回全日本国民的美少女コンテスト(2009年)へ応募。書類審査、面接審査に見事合格し、本選へ進んだが賞の受賞等はなかった。しかし、本選に出場したことでプロダクション関係者の目にとまり、オスカープロモーション所属となった。

学業では2011年に私立立教大学文学部フランス文学専攻に入学。事務所に所属したが、大手プロダクションの”オスカー”だけにそう簡単には仕事は入ってこないこともあり、一時学業に専念することとなった。

事務所所属から3年後の2012年夏頃から本格的に芸能活動を開始。同年にはコージー本舗『アイトーク』のCMに出演。翌年2013年にはテレ玉で放送している大宮アルディージャの応援情報テレビ番組『Ole! アルディージャ』のメインMCに抜擢されるなど順調な滑り出しとなった。

2013年の4月からは日本テレビ系で放送の朝の情報番組『ZIP!』のZIPファミリーに大抜擢!これが堀田茜さんの転機となり、知名度も上がった。

2014年からは小学館の発行による月刊女性ファッション雑誌『CanCam』に掲載されると、その後はCanCam専属モデルとして大活躍。2015年は日本テレビ系放送のバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』の準レギュラーとなり、”出川ガールズ”の一員を担っている。2015年後半から女優業にも本格参戦し配信ドラマやテレビドラマ、映画にと活躍の場を広げている。

性格は?

近年ではファッション誌だけではなく、ドラマや映画、バラエティー番組と露出が増え、同時に知名度もぐんぐん上昇。すると、巷では堀田茜の”性格”について憶測が飛んでいるそうですが、真実はどうなのでしょう。

調べてみましたが、これがなんと難ありっぽいです…というのも堀田茜さんはかなりの”潔癖症”で、異性とのキスや温泉が汚いという認識があるそうです。

それに加えて、かなりの”根暗”だという…堀田茜さんの基本スタンスは「自分の時間があるし、自分の好きなようにしたいから私の所に入ってこないで」の考えだそうで、結果的に友人は2人にまで減少し、過去に付き合った男性3人全員に「一緒にいて楽しくない」との理由で2~3ヶ月でフラれたと散々なもの…。

しかしながら、モデル出身の人=華やかというイメージを持つ方が多いと思いますが、堀田茜さんのような”陰キャ”がいると少し親近感すら湧きますね。

スタイルは良いけど貧乳

出典:https://www.instagram.com/p/

これは堀田茜さんに限らず、細身の女性モデルさんは永遠のテーマでしょう。しかし、イッテQ!でもデヴィ夫人に「ペチャパイ」などと罵倒されていますが、一体何カップなのでしょうか。

スリーサイズは78-57-81cmとやはりガリガリで胸はAカップという見方が多いです。ご本人もコンプレックスを感じているようで、インスタやブログネット上のあらゆるサイトを閲覧していても堀田茜さんの”水着姿”や”下着姿”は無いに等しかった。ここまで出てこないということは事務所自体も胸の露出NGにしているのでしょうね…。

すっぴんが可愛いすぎると話題に!

2018年5月6日に放送された『世界の果てまでイッテQ!GWシャッフル3時間SP』に“出川ガールズ”として出演。寝起きドッキリですっぴん姿を披露し、「可愛すぎる」と話題になったのだ。

また、堀田茜さんは立教大学在学中にコンテストの一環で『ミスすっぴん美人』も獲得しており、すっぴんにはもともと定評があったということです。

彼氏や熱愛の噂の真相は?

性格に多少難ありの堀田茜さんでも過去に男性と熱愛の噂が立ちました。お相手はミュージックビデオでの共演がきっかけで交流がある”にっしー”こと西島隆弘さんでした。しかし、これはファンによるガセという見方が濃厚です…。

ちなみに堀田さんの中身のタイプは「謙虚で面白い人」「物知りな人」で、外見のタイプは「おでこを出してる人」だそうです。