斉藤由貴が離婚!?過去にも尾崎&川崎とも不倫をしていた!不倫歴まとめ!

出典:https://geitopi.com/

 

 

斉藤由貴さんがついに50代医師との

間柄について「不倫関係」であった

ことを認めた。

 

 

斉藤さんと言えば、50歳になった現在

でも美しい。いわゆる「美魔女」でCM

やドラマで活躍するなど、とても不倫を

するようなイメージはありませんよね?

 

 

しかし、斉藤さんには過去にも今回と同

じように不倫をしていた事実がありまし

たので、掘り下げてシェアしていきます!

 

 

斉藤由貴のプロフィール

 

本名:小井 由貴

生年月日:1966年9月10日

出身地:神奈川県横浜市

身長:161cm

スリーサイズ:86‐59‐86

カップ:G

血液型:B型

職業:女優・歌手

配偶者:一般人男性(1994年~ )

事務所:東宝芸能

 

https://tachan-kininaruki.com/2017/09/09/post-2132/

 

今回の騒動

 

横浜市内のマンションで密会する様子

や手をつないで映画館デートするツー

ショット写真などが「週刊文春」に

掲載され、”不倫疑惑”が浮上した。

 

 

その後の会見では「家族全員がお世話

になっている」「一線を超えたのか?

」という記者の質問に対しては「そう

いうことじゃない」と不倫について完

全否定を貫いた。

 

 

しかし、不倫疑惑が報道されていた50

代の医師が日本テレビ系列の朝の情報

番組「スッキリ」に出演し、斉藤さん

との不倫を認めた。

 

https://tachan-kininaruki.com/2017/09/11/post-2145/

 

不倫のきっかけ

 

2人の出会いは7年前までさかのぼる。

家族に付き添いで病院にやってきた

斉藤さんに、気づかなかったという

相手医師。「声で気づいた。ファン

だったので、なんだ、そうなんだと」

 

 

不倫関係が始まったのはそれから2年

後、2012年頃からだという。親密に

なった経緯については女優業をしなが

ら家庭でも母親として家庭のことをし

っかりとこなしている姿に「僕はその

姿に、言い方変ですけどすごく賛同し

ましたよね」と語った。

 

https://tachan-kininaruki.com/2017/09/10/post-2138/

 

過去にも不倫歴があった

 

今回の不倫で明るみに出た斉藤さんの

人間性ですが、実は不倫はこの一度だ

けではなく、過去にもあったんです。

 

 

本当に懲りない人なんですね…。

というか理性がきかない方なのでしょう

か。ある種の中毒症状とも取れますよね。

 

 

では斉藤さんは過去、どんな人と不倫関係

にあったのか振り返っていきたいと思います。

 

https://tachan-kininaruki.com/2017/05/31/post-1572/

 

 川崎麻世

出典:http://ryohappy.com/7887.html

 

 

2人の出会いは1992年の舞台「5時の恋人」

で意気投合し、男女の関係へ発展したそう。

 

 

川崎麻世さんが開いた釈明会見では、終始

妻・カイヤさんが、川崎麻世を睨み付けて

いたのが、印象的でしたね。

 

小出恵介が逮捕!?女子高生と飲酒&淫行!芸能界引退か?!過去の噂も調査した結果。
出典:人気俳優、小出恵介(33)が未成年の女性と飲酒と不適切な関係があったとして所属事務所は8日、小出を無期限で芸能活動停止としたことを発表した。9日発売の「FRIDAY」が、小出が未成年女性との不適切な関係を報じる予定で、事務所がこれを認

 

尾崎豊

出典:https://www.youtube.com/

 

 

きっかけは雑誌での対談だったそうです。

元々、斉藤さんに好意をもっていた尾崎

さんの熱望によって実現したようです。

要するに目を付けられていたんですねw

 

 

1991年に既婚者だったミュージシャンの

尾崎豊さんとの小樽への旅行現場を週刊誌

に撮られています。

 

https://tachan-kininaruki.com/2017/08/23/post-2075/

 

まとめ

 

このように斉藤由貴という女性は相当な

「魔性の女」であり、「恋愛体質」なん

ですね…。なら、結婚しなければいいの

に!と思うのは私だけではないでしょう。

 

 

なぜ、過去の不倫騒動で裁判や慰謝料の

請求がなかったのかは不透明ですが、ど

どうやら今回も自然和解となりそう…。

 

 

最後までお読みいただき、本当にありが

とうございました。